京都国立博物館 メールマガジン 第84号  2013年5月1日

================================================================

 ╋╋・‥… メルマガ会員特典 京都国立博物館だより PLUS …‥・╋╋

今月は、山雪の「雪汀水禽図屏風(重文)」の鑑賞ポイントや、当時の画材の
話など、展覧会で本物を見たくなる話がいっぱいです。


京都国立博物館だより PLUS Vol.02
※※メールマガジン会員のみ購読可能※※

================================================================


 ╋╋・‥… 特別展覧会 狩野山楽・山雪 …‥・╋╋

現在開催中の特別展覧会「狩野山楽・山雪」展は、後期の展示が始まり、
大覚寺の「牡丹図襖」が登場しています。
残り会期12日、京都国立博物館だけの開催ですので、お見逃しなく!


【開催中の展覧会】
 [特別展覧会] 狩野山楽・山雪 

平成25年3月30日(土)?5月12日(日)
会場:特別展示館

展覧会概要はこちら→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/130330/index.html

混雑状況はTwitterで→
https://twitter.com/sanrakusansetsu




+‥‥‥ 井浦新さんを文化大使に任命しました ‥‥‥‥‥‥‥‥+

このたび、京都国立博物館は俳優の井浦新さんを新たに文化大使に任命し、
博物館の活動の周知に協力いただくことになりました。

詳しくは→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/index04.html#taishi02




+‥‥‥ 京都国立博物館所蔵の名品を四国・香川で初公開! ‥‥‥+

京都国立博物館のコレクションを紹介する展覧会が、香川県立ミュージアムで
開催中です。
国宝7件、重要文化財14件を含む、日本美術の優品57件をご覧いただけます。
お近くにお住まいの方は、ぜひこの機会に京都国立博物館所蔵の名品を
ご堪能ください。

*期間中展示替がありますので、詳しくは香川県立ミュージアムまで
お問い合わせください。

香川県立ミュージアム
「瀬戸内国際芸術祭2013開催記念
 いとうるわし。日本の美 京都国立博物館名品展」
2013年4月20日(土)?5月26日(日)

詳細はこちら→
http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/tenji/tokubetsuten/kaisai/index.html





+‥‥‥ イベント情報 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ◆音燈華 vol.4◆
?DEPAPEPE 10th Anniversary Live 第2弾 雨男 vs 野外?

今年も、DEPAPEPEPと武田高明さんのコラボでおくる音燈華
チケット好評販売中!

【出 演】 DEPAPEPE(デパペペ)
【燈火による空間演出】 武田高明
【日 時】2013年6月1日(土) 開場:18:00/開演:18:30 ※雨天決行・荒天中止
【会 場】京都国立博物館 特別展示館前(庭園)
【料 金】全席指定 前売 4,300円/当日 4,800円

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/kouza/etc/ontouge04/index.html





+‥‥‥ 夏期講座 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

毎年夏に3日間連続の集中講座を開催しております。
今年度は、「古社寺と文化財」をテーマに開催します。

開催日:平成25年7月31日(水)?8月2日(金)
会 場/ハートピア京都(京都市中京区竹屋町通烏丸東入清水町375)
定 員/200名
聴講料/2,000円

申込方法/往復はがきに住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、
京都国立博物館「夏期講座」係(〒605-0931  京都市東山区茶屋町527)まで
お申し込みください。

申込期間は6月1日(土)?10日(月)です。
※5月31日(金)以前の申込は無効となります。申込人数が定員を超えた場合は
抽選とさせていただきます。

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/kouza/kaki_kuoza/index.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━今後の展覧会━━━━

[特別展観] 遊び
平成25年7月13日(土)?8月25日(日)
会場:特別展示館

神仏に捧げた音楽や踊りに始まり、酒宴、月見、花見、船遊び、演劇の鑑賞、
囲碁や双六、歌合わせ、貝合わせ、香合わせ、子どもの乗り物や人形遊びまで、
京都国立博物館が収蔵する多彩な美術品のなかに「遊び」の姿を追いかけます。
身近なテーマのもとに有名作品に親しみ、隠れた名品に出会えるこの機会、
博物館へどうぞ遊びにいらしてください。


詳細はこちら→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/pdf/20130713_asobi.pdf



[特別展覧会] 魅惑の清朝陶磁
平成25年10月12日(土)?12月15日(日)
会場:特別展示館

古来、「やきもの」の王者として名高い中国陶磁の中でも、その精巧さ、
緻密さにおいて他を圧倒しているのが清時代の陶磁器です。ヨーロッパの
王侯貴族に愛されたことはよく知られていますが、開国後だけでなく、
鎖国下の日本へももたらされ、各地のやきもの生産に大きな影響を与えました。
数々の名品を通してその精髄に触れると共に、日本人がいかに清朝の陶磁器を
賞玩してきたのか、最新の調査成果によって、その足跡を辿ります。


詳細はこちら→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/pdf/20131012_shincyo.pdf



◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆


+‥‥‥ 年間スケジュール ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

平成25年度年間スケジュールの詳細はこちら→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/korekara/index.html



+‥‥‥ 京都国立博物館オリジナルグッズ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

当館所蔵作品「阿国歌舞伎」「嵯峨人形 犬」「果蔬涅槃図」の付箋が登場しました。
2つのサイズが1冊になって、使い分けができてとっても便利です。

さらに、大好評のマーキングクリップに、カラー版が出ました。
ミュージアムショップ便利堂にて販売中です。

詳細はこちら→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/new_museum_goods.html



+‥‥‥ 京都国立博物館文化財保護基金 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

貴重な文化財の保護活動に、皆さまのご支援をお願いしています。

皆さまからの寄付金が、文化財の修理費用などにあてられます。
館内募金箱へのご寄付のほか、ロゴマークの付いているミュージアムグッズ
売上の一部が文化財保護基金に寄付されます。
ミュージアムショップ他で販売していますので、ご来場の際には、ぜひ手に
とってご覧ください。

詳細はこちら→
http://savekyoto.jp/

オンラインショップもご利用ください。
http://kyohakushop.jp/pc/



+‥‥‥ 南門施設営業時間のお知らせ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

特別展覧会「狩野山楽・山雪」開催中は、インフォメーション、
ミュージアムショップ「京都便利堂」、カフェ「からふね屋」は、下記のとおり
営業いたします。

【営業時間】9時30分?18時00分 (金曜日:9時30分?20時00分)
【定休日】月曜日 (5月6日は営業)


5月14日から全館休館となり、下記のとおり営業いたします。
【営業時間】9時30分?17時00分
【定休日】月曜日



+‥‥‥ 全館休館について ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

京都国立博物館は、平常展示館建替工事に伴い、当分の間平常展示を
休止し、特別展覧会期間中のみ開館となります。
全館休館の予定は下記の通りです。
また、工事車両通行に伴う安全上の観点から、「西門(正門)」を閉鎖して
おります。来館者の皆様の入退館は、南門(七条通り側)からとなります。
ご来館の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力を、
よろしくお願い申し上げます。


平成25年 5月13日(月)  ?  7月12日(金)
平成25年 8月26日(月)  ? 10月11日(金)



==============================================================

このメールは京都国立博物館メールマガジンサービスに登録していただいた
方にお送りしています。

詳細な情報をお求めの方は京都国立博物館ホームページへ→ 
http://www.kyohaku.go.jp/

携帯電話・PHS・PDAからご覧になる方はこちら→
http://www.kyohaku.go.jp/i/

京都国立博物館メールマガジンサービスを解約する場合は→
https://www2.kyohaku.go.jp/regist/mailin.html

このメールマガジンの文章・画像の著作権は独立行政法人国立文化財機構
京都国立博物館に帰属します。
Copyright.Kyoto National Museum,Kyoto,Japan.

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ