京都国立博物館 メールマガジン 第64号[KNM:0064]

=================================================

京都国立博物館は、28日の日曜日で「百獣の楽園」展が終了しました。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
次回の展覧会は、10月8日(土)から始まります「細川家の
至宝〜珠玉の永青文庫コレクション〜」展です。「細川ミラー」
として世によく知られる中国戦国時代の金銀錯狩猟文鏡など、
国宝8件、重要文化財27件を含む総数240件の展示です。
東京展が終了してから1年4ケ月ほど経過していますので、
京都に巡回してくるのを待っていた!という方もおられることかと思います。
9月は休館ですが、DEPAPEPEさんのコンサートがあったり、
土曜講座の受付も始まります。どうぞお見逃しなく。

=================================================


【次回の展覧会】


[特別展覧会]
細川家の至宝─珠玉の永青文庫コレクション─
平成23年10月8日(土)〜11月23日(水・祝)
会場:特別展示館
東京・目白の永青文庫は、旧熊本藩主であった細川家の宝物を護り伝えるために
設立されました。歴代当主ゆかりの品々に、近代以降あらたに収集したものが加わり、
総数は8万点を超えます。そこから厳選された至宝の数々は、「文武両道」
細川家の歴史をまさに体現するものといえるでしょう。


----------------------------------------------------------------


【土曜講座】


事前申込制となっております。定員になり次第受付を終了します。
【時間】13時30分〜15時【定員】190名【聴講料】無料
【会場】京都女子大学J校舎5階J525教室
すべて特別展覧会「細川家の至宝〜珠玉の永青文庫コレクション〜」関連講座です。

○平成23年10月15日(土) 
タイトル/「永青文庫の歴史とコレクション」
講 師/永青文庫学芸員 三宅秀和

○平成23年10月29日(土)
タイトル/「コレクター細川護立〜日本近代美術の視点から」
講 師/東京文化財研究所企画情報部文化形成研究室長  塩谷純 

○平成23年11月12日(土)
タイトル/「細川氏と永源庵〜永青文庫の古文書〜」
講 師/京都国立博物館研究員 羽田聡 

○平成23年11月19日(土)
タイトル/「永青文庫の中国彫刻〜コレクションをめぐる人々〜」
講 師/京都国立博物館主任研究員 淺湫毅 

申込方法・会場へのアクセス等の詳細は以下のPDFでご確認ください。
PDF版→http://www.kyohaku.go.jp/jp/pdf/kouza2011-10_11.pdf


----------------------------------------------------------------


【イベント情報】


●音燈華〜ontouge〜DEPAPEPEコンサート
【出 演】DEPAPEPE(デパペペ)
【燈火による空間演出】武田高明
【日 時】平成23年9月10日(土)
 開演:18:30(開場:18:00) ※荒天中止
【会 場】京都国立博物館 特別展示館前(庭園)
【料 金】全席指定 前売4,000円/当日4,500円
     ※完売の場合、当日立見席あり
※詳細はこちら
http://www.kyohaku.go.jp/jp/kouza/etc/ontouge201109.html


●京都・らくご博物館【秋】 〜紅葉寄席〜
【日 時】平成23年10月28日(金)
開演:18:30(開場:18:00)
【会 場】ハイアットリージェンシー京都 ドローイングルーム
【料 金】全席指定 3,000円
※出演者等、詳細はこちら
http://www.kyohaku.go.jp/jp/kouza/rakugo/rkg_autum201110.html


----------------------------------------------------------------


【今後の展覧会】

[特別展覧会]
中国近代絵画と日本
平成24年1月7日(土)〜2月26日(日)
会場:特別展示館
中国の近代を中心に活躍した呉昌碩、斉白石、高剣父、徐悲鴻等の絵画作品を、
当館が近年受贈した須磨コレクションを中心に展示し、その多彩な展開を追います。
西洋の近代物質文明の衝撃は、旧態依然とした中国の社会全体を揺さぶり、
変革を促しました。近代画壇における改革のリーダーとなった陳師曾、高剣父、
徐悲鴻等は日本との関係が深く、中国絵画の近代化に果たした日本の役割は決して
小さくありません。この展覧会をとおして近代における日中文化交流の一面を
ご理解いただければ幸いです。


[特別展覧会]
王朝文化の華〜陽明文庫名宝展〜
平成24年4月17日(火)〜5月27日(日)
会場:特別展示館
五摂家の一つである近衞家に伝えられた典籍・古文書などを収めている陽明文庫の
名品を一堂に展示します。藤原道長自筆の国宝「御堂関白記」や重文「藤原忠通書状」
などの歴代の名宝、国宝「倭漢抄」下巻や国宝「大手鑑」などの名筆を含む、
国宝8件・重文60件を中心に、これまでにない規模の特別展覧会となります。


----------------------------------------------------------------


平成23年度年間スケジュール
表面
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/korekara/pdf/H23omote.pdf
裏面
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/korekara/pdf/H23ura.pdf


----------------------------------------------------------------


【南門施設のお知らせ】

全館休館期間中は下記のとおり営業いたします。
<営業時間>
南門インフォメーション、ミュージアムショップ「京都便利堂」
→9時30分〜17時00分
カフェ「からふね屋」
→9時30分〜17時00分
<定休日>
月曜日


----------------------------------------------------------------


【全館休館について】


 京都国立博物館は、平常展示館建替工事に伴い、当分の間平常展示を
休止し、特別展覧会期間中のみ開館となります。
全館休館の予定は下記の通りです。
また、工事車両通行に伴う安全上の観点から、「西門(正門)」を閉鎖しております。
来館者の皆様の入退館は、南門(七条通り側)からとなります。
ご来館の皆様にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成23年 8月29日(月)〜     10月 7日(金)
平成23年11月24日(木)〜平成24年 1月 6日(金)
平成24年 2月27日(月)〜      4月16日(月)


----------------------------------------------------------------


【お知らせ】


●京都国立博物館の情報をラジオでお知らせします!
 FM COCOLOの「AFTERNOON DELIGHT」にて、毎週木曜日14:25から15分間、
 京都国立博物館のコーナーが放送されています。
 展覧会の見所や博物館のよもやま話など、ここでしか聴けない話が満載です。

●京都ミュージアムズ・フォー
 博物館・美術館連携協力する組織として、「京都市内4館連携協力協議会」が
 平成21年度に発足しました。
 4館が展開する連携事業の名は「京都ミュージアムズ・フォー」。
 「京都」をキーワードにして、春夏秋冬、各館の講座をつないでいきます。
 詳細はこちら→
 HP版→http://www.momak.go.jp/m4/index.html  
 平成23年度パンフレット(連携講座/主な展覧会スケジュール)
 PDF版→http://www.momak.go.jp/img/2011/m4/m4pamphlet2011.pdf




================================================================

私たちは、平成23年国民文化祭の京都開催を応援しています。

================================================================
このメールは独立行政法人国立文化財機構 京都国立博物館メールマガ
ジンサービスに登録していただいた方にお送りしています。
詳細な情報をお求めの方は京都国立博物館ホームページへ
→http://www.kyohaku.go.jp/
携帯電話・PHS・PDAからご覧になる方はこちら
→http://www.kyohaku.go.jp/i/
■京都国立博物館メールマガジンサービスを解約する場合は
→https://www2.kyohaku.go.jp/regist/mailin.html
このメールマガジンの文章・画像の著作権は京都国立博物館に帰属しま
す。
Copyright.KyotoNationalMuseum,Kyoto,Japan.

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ