京都国立博物館 メールマガジン 第152号  2018年11月1日

【メールマガジン誤配信のお詫び】
いつも「京都国立博物館メールマガジン」をご愛読いただき、ありがとう
ございます。本日11月1日15時半ごろ、メールマガジンVol.152の誤配信が
発生いたしました。
ご迷惑をお掛けしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

                          京都国立博物館


━━━━━━━━━━━━━━━━━━  開催中の特別展 ━━━━━━

+………………… 特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ …………+

王城の地・京都では、平安時代から現代にいたるまで、多くの刀工が工房を
構え、あまたの名刀を生み出してきました。これら京都で製作された刀剣は、
常に日本刀最上位の格式を誇り、公家、武家を問わず珍重され、とりわけ
江戸時代以降は武家の表道具として、大名間の贈答品の代表として取り扱わ
れました。
本展では、現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品17件と、
著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成にいたる山城鍛冶の
技術系譜と、刀剣文化に与えた影響を探ります。
また、武家文化だけでなく、公家・町衆を含めた京文化の中で、刀工たちが
果たした役割に迫ります。

ふだん展示を行っていない明治古都館でも関連イベントをおこなっています。
この貴重な機会に、ぜひ特別展とあわせてお楽しみください。

【会 期】2018年9月29日(土) ~ 11月25日(日)
【会 場】平成知新館

※会期中の金・土曜日は午後8時まで開館しています(入館は午後7時30分
 まで)。ライトアップされた夜の明治古都館も見どころのひとつです。


詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/special/tenrankai/katana_2018.html

[公式サイト]
https://katana2018.jp/

[京のかたな鑑賞ポイント(PDF)]
https://www.kyohaku.go.jp/jp/special/pdf/2018_katana_intro_ja_0925.pdf


今週から、後期展示がはじまりました!
出品一覧表(PDF)はこちら↓
https://www.kyohaku.go.jp/jp/special/pdf/2018_katana_list_Ja_6.pdf


━━━━━━━━━━ 特別展「京のかたな」 イベントのご案内 ━━━

<記念講演会>

●11月3日(土)
 対談「『京のかたな』総まとめ」
 登壇者:
 橋本 麻里 氏(美術ライター/永青文庫 副館長)
   ×
 末兼 俊彦(京都国立博物館 主任研究員)

●11月10日(土)
「合戦絵巻と武器・武具の研究」
 講師:井並 林太郎(京都国立博物館 研究員)


【時 間】13:30~15:00
【会 場】平成知新館 講堂
【定 員】200名
【聴講料】無料(ただし、「京のかたな」展の当日の観覧券等が必要)

当日11:00より、平成知新館1階にて整理券を配布し、定員になり次第、
配布を終了します。お並びの状況により、配布開始時間を早める場合
があります。

※11月17日(土)、24日(土)は休講いたします。


<「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボ企画>
明治古都館で刀剣男士の等身大パネルを展示!
展覧会会期中、京都国立博物館・明治古都館中央ホール(重要文化財)で、
「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボ刀剣男士の等身大パネルなどを展示します。

【時 間】入館は閉館の30分前まで
【場 所】明治古都館
【料 金】無料(ただし「京のかたな」展の当日の観覧券が必要)


<関連イベント>
明治古都館で復元模造刀剣の特別公開!
長野県無形文化財保持者の刀剣作家・宮入法廣氏の手による
「重文 薙刀直シ刀 無銘(名物 骨喰藤四郎)豊国神社所蔵」の復元模造
が特別に公開されます。一緒に記念撮影もできます!

【時 間】入館は閉館の30分前まで
【場 所】明治古都館
【料 金】無料(ただし「京のかたな」展の当日の観覧券が必要)


<キャンパスメンバー限定講演会>
京都国立博物館キャンパスメンバーズ会員校の学生及び教職員を対象に、
本展示の見どころなどを紹介する講演会を開催します。

【日 時】11月16日(金)17時 ~18時
【場 所】平成知新館 講堂(地下1F)
【料 金】無料(ただし「京のかたな」展の当日の観覧券が必要)
【参加方法】事前のお申込みが必要です。詳しくは、
https://cms1.kyohaku.go.jp/jp/event/etc/20181019_campus-lecture.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━ イベントのご案内 ━━━━━━

+………………………………………………………… 留学生の日 ………+

京都国立博物館では、留学生の方々に日本文化への理解を深めていただく
ため、「留学生の日」を設けています。

本年は、特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」を大学生団体料金
(1,000円)でご覧いただけます。(キャンパスメンバーズは700円)

また、入館時に当館公式キャラクター「トラりん」のノベルティ・セット
をプレゼントいたします。留学生の方は、この機会にぜひご来館ください。


【日 時】
2018年11月3日(土) 午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
※入館の際に学生証をご提示ください。

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_180824.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ これからの展覧会 ━━━━━

+……………………………………… 2018年度 年間スケジュール …………+

https://www.kyohaku.go.jp/jp/img/kankou/schedule_ja_2018.pdf


+…………………………………………… 京都国立博物館だより …………+

2018年10-12月号(200号) のPDF版はこちら
https://www.kyohaku.go.jp/jp/kankou/haifu/pdf/tayori200.pdf



+……………………………… 特集展示 美麗を極める中国陶磁 …………+

中国のやきものは、常に当時の最先端の技術をもって生産されてきました。
窯の中で焼き上げ、その表面に様々な釉薬をかけることにより、多彩な色合
いと形を生み出しました。この特集展示では、近年まとまって寄贈された中
国陶磁コレクションを紹介します。その形状と色彩の美しさをぜひご堪能く
ださい。 また、あわせて寄贈された中国の青銅器や金属工芸、彫刻も展示
します。

【会 期】2018年12月18日(火)~2019年2月3日(日)
【会 場】平成知新館 1F-2・3

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/chi_ceramics_2018.html


+…………………… 新春特集展示 亥づくし─干支を愛でる─ …………+

平成28年(2016)の申年より続く新春特集展示「干支を愛でる」。平成31年
は亥年ということで「亥(い)づくし」、猪にまつわる名品を展示いたします。
当館では明治34年(1901)より同43年(1910)まで、干支にちなんだ展示が
行われていました。明治34年は丑年、同43年は戌年。丑→寅→卯→辰→巳→
午→未→申→酉→戌。そうです。実は亥(猪)をテーマとする展示は、この
度が初めてとなります。
京博初の亥づくし、是非、お越しいただき、お気に入りの猪を見つけていた
だければ幸いです。

【会 期】2018年12月18日(火)~2019年1月27日(日)
【会 場】平成知新館 1F-5

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/inosisi_2018.html


+…………………………………………… 特集展示 京の冬景色 …………+

底冷えのする冬の京都には、この季節ならではの景色があります。
毎年のようにテレビに映し出される、雪の積もった金閣もそのひとつ。
雪化粧という言葉があるように、真白な雪は美しい景色をさらにも美しく
磨き上げてくれます。そんな魅力的な京都の冬景色が描かれた作品を
ご覧いただこうという特集展示です。
浄土宗の開祖・法然の生涯を描いた国宝「法然上人絵伝」巻第四十二の巻末
には、二尊院の境内が五紙にわたって展開しています。諸堂宇に降り積もる
雪が、法然の遺骨が納められたこの寺の静謐さを演出して見事です。また、
松村景文ら円山四条派の画家たちの合作である「都名所図巻」には、桂川と
宇治川が合流する淀の雪景色が描かれています。いまは失われた淀城の在り
し日の姿を偲ぶことができるのも、絵画ならではの醍醐味と言えましょう。
このほか、嵐山や宇治の冬景色を描いた作品も展示予定です。一部屋だけの
特集展示ですが、冬の京都名所を巡る小旅行をお楽しみください。

【会 期】2018年12月18日(火)~2019年1月27日(日)
【会 場】平成知新館 2F-5

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/kyoto-winter_2018.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ お知らせ ━━━━━━

+‥‥ 特別展の混雑状況を 京博公式Twitterでお知らせしています ‥‥+

特別展「京のかたな」は、おかげさまで多くのお客様にご来館いただいていま
す。京都国立博物館公式Twitterでは、随時、混雑状況をお知らせしています。
ご確認のうえ、お時間に余裕をもってお越しください。

[京都国立博物館公式Twitter]
https://twitter.com/kyohaku_gallery/


+…………………………………………… 庭園のみ開館のお知らせ …………+

展示準備等のため、庭園のみ開館期間がございます。
庭園のみ開放期間は、名品ギャラリー(平常展示)は休止となり、庭園・
屋外展示のみご覧いただけます。
ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■庭園のみ開館 ■名品ギャラリー(平常展示)休止
期間:2018年11月27日(火)~12月16日(日)
庭園料金:260円(庭園ガイド冊子付き)



+…… 京都国立博物館公式キャラクター「トラりん」
                    LINEスタンプ発売中!  ……+

当館公式キャラクター「トラりん」のLINEスタンプを発売開始しました!
その可愛いしぐさ、やんちゃなポーズを集めた全40種類のLINEスタンプです。
ぜひご利用ください。


詳しくは→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_134.html


====================================================================

このメールは京都国立博物館メールマガジンサービスに登録していただいた
方にお送りしています。

京都国立博物館ウェブサイトへ→ 
https://www.kyohaku.go.jp/

京都国立博物館メールマガジンサービスを解約する場合は→
https://myknm.kyohaku.go.jp/regist/mailin.html

このメールマガジンの文章・画像の著作権は独立行政法人国立文化財機構
京都国立博物館に帰属します。
Copyright. Kyoto National Museum

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ