京都国立博物館 メールマガジン 第150号  2018年9月5日

おかげさまでメールマガジンも150号を迎えました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

9月の京博は、
名品ギャラリー(部分開館)

庭園開放(全展示室 閉室)

全館休館(9/28)

特別展「京のかたな」開始、とめまぐるしく変動するため、
お越しの際はどうぞカレンダーをご確認ください。
https://www.kyohaku.go.jp/jp/today/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  開催中の展示 ━━━━━━


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 特集展示 百萬遍知恩寺の名宝 ‥‥‥‥+

京都市左京区にある知恩寺は浄土宗宗祖・法然上人開基の七大本山の一つで
す。第二世・源智上人が「知恩寺」と名づけました。浄土宗ゆかりの名品を
数多く所蔵し、「蝦蟇鉄拐図」をはじめ中国美術の優品もあります。当館で
は、近年、知恩寺のご協力のもと所蔵文化財の悉皆調査を実施してきました。
当館の学術調査の成果をもとにした本展をとおして、京都に根差した浄土宗
美術の精華をご覧いただければ幸いです。

9月8日(土)に関連土曜講座も開催しますので、あわせてご聴講ください。
展示は9月9日(日)までですので、どうぞお見逃しなく!

【会 期】2018年8月7日(火) ~ 9月9日(日)
【会 場】平成知新館2F-1~5

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/chionji_2018.html


※会期中の金・土曜日は午後9時まで開館しています(入館は閉館の
 30分前まで)。
 お仕事帰りやお寺めぐりの後にぜひお立ち寄りください。
※月曜休館。月曜日が祝日・休日となる場合は開館し翌火曜日を休館。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 土曜講座 ━━━━━━

毎週土曜日の午後、展覧会や展示作品に関連した講座を行っております。


○9月8日(土)
 特集展示「百萬遍知恩寺の名宝」関連講座
 「京都の社寺と博物館
  ―京都国立博物館による百萬遍知恩寺什物調査について―」
 呉 孟晋(京都国立博物館 主任研究員)


【時 間】13:30~15:00
【会 場】平成知新館 講堂
【定 員】200名
【聴講料】無料 (ただし、当日の観覧券等が必要)

当日12:00より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します。
定員になり次第、整理券配布を終了します。

※9月15日・22日・29日は土曜講座を休講いたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━ これからの特別展 ━━━━━━

+‥‥‥‥‥‥‥ 特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ ‥‥‥‥+

王城の地・京都では、平安時代から近代にいたるまで、多くの刀工が工房を
構え、あまたの名刀を生み出してきました。これら京都で製作された刀剣は、
常に日本刀最上位の格式を誇り、公家、武家を問わず珍重され、とりわけ江
戸時代以降は武家の表道具として、大名間の贈答品の代表として取り扱われ
ました。

本展では、現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品のほぼす
べてと、著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成にいたる山城
鍛冶の技術系譜と、刀剣文化に与えた影響を探ります。

また、武家文化だけでなく、公家・町衆を含めた京文化の中で、刀工たちが
果たした役割に迫ります。

【会 期】2018年9月29日(土) ~ 11月25日(日)
【会 場】平成知新館

お得な前売券を販売中です(~9月28日)。
詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/special/tenrankai/katana_2018.html

[公式サイト]
https://katana2018.jp/

━━━━━━━━━━ 特別展「京のかたな」 イベントのご案内 ━━━

<記念講演会>

●9月29日(土)
「京のかたな」
 講師:渡邉妙子 氏(佐野美術館 館長)


【時 間】13:30~15:00
【会 場】平成知新館 講堂
【定 員】200名
【聴講料】無料(ただし、「京のかたな」展の当日の観覧券等が必要)

当日11:00より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員に
なり次第、配布を終了します。お並びの状況により、配布開始時間を早める
場合があります。

※10月以降の記念講演会は次回のメールマガジンでお知らせいたします。


<「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボ企画>

●明治古都館で刀剣男士の等身大パネルを展示!
展覧会会期中、京都国立博物館・明治古都館中央ホール(重要文化財)で、
「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボ刀剣男士の等身大パネルなどを展示します。

料 金:無料(ただし「京のかたな」展の当日の観覧券が必要)

●「トラりん」&「おっきい こんのすけ」の写真撮影会を開催!
「刀剣乱舞-ONLINE-」宣伝隊長のおっきい こんのすけが「京のかたな」展に
登場します。京都国立博物館公式キャラクター・トラりんと一緒の撮影会は
京都国立博物館だけ!是非、写真撮影会にご参加ください。

日 時:2018年9月29日(土) ①11:30-12:00、②12:30-13:00
場 所:京都国立博物館 平成知新館前(雨天時は、平成知新館内で実施)
料 金:無料(ただし「京のかたな」展の当日の観覧券が必要)。

※おっきい こんのすけ、トラりんを自由に撮影いただけます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━ イベントのご案内 ━━━━━━

+‥‥‥‥‥‥ 京都・らくご博物館【秋】~錦秋寄席~ Vol.50 ‥‥‥+

【日 時】2018年11月9日(金)18:00開場/18:30開演
【会 場】京都国立博物館 平成知新館 講堂
【料 金】一般:3,100円(税込)
     キャンパスメンバーズ:2,500円(税込)
     (全席指定・特別展「京のかたな」団体割引引換券付)

秋の夜長に博物館で落語はいかがでしょうか。
笑福亭仁智さん、桂団朝さん、桂吉弥さん他人気の噺家をお招きします。
おかげさまで夏の高座も満員御礼となりました。
チケットのお求めはお早めに。

チケットのお求めなど詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/event/rak/vol50.html

第50回を祝して、これまでの根多帳を公開いたしました。
隠しアイコンをさがして、クリックしてみてください。



+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 留学生の日 ‥‥‥+

京都国立博物館では、留学生の方々に日本文化への理解を深めていただく
ため、「留学生の日」を設けています。

本年は、特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」を大学生団体料金
(1,000円)でご覧いただけます。(キャンパスメンバーズは700円)

また、入館時に当館公式キャラクター「トラりん」のノベルティ・セット
をプレゼントいたします。留学生の方は、この機会にぜひご来館ください。


【日 時】
2018年11月3日(土) 午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
※入館の際に学生証をご提示ください。

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_180824.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ お知らせ ━━━━━━

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 全館休館・庭園のみ開館のお知らせ ‥‥‥‥+

特別展の準備のため、全館休館日や庭園のみ開館期間がございます。
庭園のみ開放期間は、名品ギャラリー(平常展示)は休止となり、庭園・
屋外展示のみご覧いただけます。
ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■名品ギャラリー部分開館
期間:2018年9月4日(火)~9月9日(日)
料金:一般 260円、大学生 130円
2F-1~5(特集展示 百萬遍知恩寺の名宝)および1F-1(彫刻展示室)が
ご覧いただけます。3F、1F-2~6は閉室します。

■庭園のみ開館 ■名品ギャラリー(平常展示)休止
期間:2018年9月11日(火)~9月27日(木)
庭園料金:260円(庭園ガイド冊子付き)

■全館休館
2018年9月28日(金)


詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_180820.html



+‥‥‥ 常時SSL化に伴う 京博ウェブサイトURL変更のお知らせ ‥‥‥‥+

2018年8月29日より、京博ウェブサイトのURLを下記の通り変更いたしました。

■変更前:http://www.kyohaku.go.jp/
        ↓
■変更後:https://www.kyohaku.go.jp/

プライバシー保護を強化するため、全てのページ(外部サイト除く)のURLを
[http]から[https]に変更しています。
ブックマークなどにご登録いただいている場合は、お手数ですが設定の変更
をお願いいたします。

※従来のhttpのままアクセスした場合でも、自動的にhttpsに切り替えられます。
※この措置に伴い、一部の古い端末やブラウザではページを正しく表示できない
場合がございます。

ウェブサイトを安全にご利用いただくための対応ですので、ご理解くださいます
よう、お願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ これからの展覧会 ━━━━━

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2018年度 年間スケジュール ‥‥‥‥+

https://www.kyohaku.go.jp/jp/img/kankou/schedule_ja_2018.pdf


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 京都国立博物館だより ‥‥‥‥+

2018年7-9月号(199号) のPDF版はこちら
https://www.kyohaku.go.jp/jp/kankou/haifu/pdf/tayori199.pdf


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 特集展示 美麗を極める中国陶磁 ‥‥‥‥+

中国のやきものは、常に当時の最先端の技術をもって生産されてきました。
窯の中で焼き上げ、その表面に様々な釉薬をかけることにより、多彩な色合
いと形を生み出しました。この特集展示では、近年まとまって寄贈された中
国陶磁コレクションを紹介します。その形状と色彩の美しさをぜひご堪能く
ださい。 また、あわせて寄贈された中国の青銅器や金属工芸、彫刻も展示
します。

【会 期】2018年12月18日(火)~2019年2月3日(日)
【会 場】平成知新館 1F-2・3

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/chi_ceramics_2018.html


+‥‥‥‥‥‥‥‥ 新春特集展示 亥づくし─干支を愛でる─ ‥‥‥‥+

平成28年(2016)の申年より続く新春特集展示「干支を愛でる」。平成31年
は亥年ということで「亥(い)づくし」、猪にまつわる名品を展示いたします。
当館では明治34年(1901)より同43年(1910)まで、干支にちなんだ展示が
行われていました。明治34年は丑年、同43年は戌年。丑→寅→卯→辰→巳→
午→未→申→酉→戌。そうです。実は亥(猪)をテーマとする展示は、この
度が初めてとなります。
京博初の亥づくし、是非、お越しいただき、お気に入りの猪を見つけていた
だければ幸いです。

【会 期】2018年12月18日(火)~2019年1月27日(日)
【会 場】平成知新館 1F-5

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/inosisi_2018.html


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 特集展示 京の冬景色 ‥‥‥‥+

底冷えのする冬の京都には、この季節ならではの景色があります。
毎年のようにテレビに映し出される、雪の積もった金閣もそのひとつ。
雪化粧という言葉があるように、真白な雪は美しい景色をさらにも美しく
磨き上げてくれます。そんな魅力的な京都の冬景色が描かれた作品を
ご覧いただこうという特集展示です。
浄土宗の開祖・法然の生涯を描いた国宝「法然上人絵伝」巻第四十二の巻末
には、二尊院の境内が五紙にわたって展開しています。諸堂宇に降り積もる
雪が、法然の遺骨が納められたこの寺の静謐さを演出して見事です。また、
松村景文ら円山四条派の画家たちの合作である「都名所図巻」には、桂川と
宇治川が合流する淀の雪景色が描かれています。いまは失われた淀城の在り
し日の姿を偲ぶことができるのも、絵画ならではの醍醐味と言えましょう。
このほか、嵐山や宇治の冬景色を描いた作品も展示予定です。一部屋だけの
特集展示ですが、冬の京都名所を巡る小旅行をお楽しみください。

【会 期】2018年12月18日(火)~2019年1月27日(日)
【会 場】平成知新館 2F-5

詳しくは、
https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/kyoto-winter_2018.html


====================================================================

このメールは京都国立博物館メールマガジンサービスに登録していただいた
方にお送りしています。

京都国立博物館ウェブサイトへ→ 
https://www.kyohaku.go.jp/

京都国立博物館メールマガジンサービスを解約する場合は→
https://myknm.kyohaku.go.jp/regist/mailin.html

このメールマガジンの文章・画像の著作権は独立行政法人国立文化財機構
京都国立博物館に帰属します。
Copyright. Kyoto National Museum

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ