京都国立博物館 メールマガジン 第117号  2015年12月14日

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 明日から始まる名品ギャラリー ━━

+‥‥ [新春特集陳列] さるづくし―干支を愛でる─ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

2016年の干支は申(さる)。これにちなんで、年末から新春にかけての京都国立
博物館では、猿を描いた絵画や、猿をモチーフにした工芸品をご紹介します。

2015年12月15日 ? 2016年1月24日
会場:平成知新館 2階

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/project/2015_monkey.html


当館では、インターネットミュージアム 干支コレクションアワードに、この特集陳列で
展示される 猿根付 線刻銘「正直」(当館蔵)をエントリーしています。
ネット投票期間は、12月14日(月)13:00 ? 1月28日(木)13:00です。
丈夫そうな歯で、おいしそうに柿を食べている当館の猿根付に投票をよろしくお願いします。

インターネットミュージアム 干支コレクションアワード
http://www.museum.or.jp/eto-colle/

京都国立博物館 《猿根付》
http://www.museum.or.jp/modules/im/index.php?content_id=727


+‥‥ [特集陳列] 刀剣を楽しむ─名物刀を中心に─ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

この特集陳列では、京都の古社寺に伝来した名物刀剣の全てを一挙公開し、
数奇な運命に翻弄されながらも時代を生き抜いた名刀の数々を紹介いたします。
作品に秘められた歴史とあわせて、奥深い刀剣の美の世界をお楽しみください。

2015年12月15日 ? 2016年2月21日
会場:平成知新館 1階

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_1/token_2015.html



+‥‥ [特集陳列] 獅子と狛犬 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

獅子、狛犬ともに百獣の王ライオンの姿を写したもので、頭上に一本の角のある方を狛犬、
無い方を獅子と呼びます。平安時代以降神社や寺院の入り口、あるいはお堂に置かれ、
境内や神仏の像を守護する役を担ってきました。
10余対の獅子・狛犬を並べた空間をおたのしみください。

2015年12月15日 ? 2016年3月13日
会場:平成知新館 1階

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_5/shishi_2016.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ イベントのご案内 ━━━

+‥‥‥ テレマン・アンサンブルが贈る クリスマス・ロマンチック・コンサート 
 ?聖夜に奏でるナポリ、ウィーン、そしてロマの響き?‥‥‥‥‥‥‥‥+

【日 時】12月15日(火) 開演 19:00/開場 18:30
【会 場】平成知新館 講堂
【料 金】税込1,500円(全席指定) 名品ギャラリー観覧券付
【プログラム】モーツァルト:ディヴェルティメント 二長調、ロッシーニ:弦楽のためのソナタ第1番、
        カンツォーネ・コーナーほか
【出 演】延原武春(指揮)、鹿岡晃紀(テノール)、浅井咲乃(バイオリン)、
     テレマン室内オーケストラ

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/concert/20151215_christmas.html



+‥‥‥ クリスマス・ハンドベルコンサート ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【日 時】12月20日(日) 開演 (1)13:30 (2)15:30 【各回約20分】
【会 場】平成知新館 グランドロビー
【演 奏】京都聖母学院ハンドベルクワイア
【料 金】無料(ただし、当日の観覧券等が必要)

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_79.html



+‥‥‥ 京都国立博物館 庭園内イルミネーション ‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【日 時】12月15日(火)?2016年1月31日(日) 17:00?19:00
      *博物館休館日(毎月曜)は除く (年末年始12/26?1/1は休館)
【場 所】庭園 丸池周辺
【料 金】無料(この期間のみ17:00?19:00の間は、庭園を無料開放いたします)



+‥‥‥ 新春イベント ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

京都国立博物館は、新年1月2日(土)より開館!
お正月は楽しいイベントが盛りだくさん!1年の初めは、ぜひ京博へ!

◆親子で餅つき大会 1月2日(土) 10:00?11:30

◆福引き抽選会 1月3日(日) 9:30?16:00

◆芸舞妓 春の舞 1月10日(日)、11日(月・祝) 両日とも13:00?、14:00?(各回30分)

◆京博公式キャラクター トラりん登場!
  1月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)、11日(月・祝)

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_80.html



+‥‥‥ トークイベント 「見る、感じる、在りし日のもの語り」 ‥‥‥‥+

芥川賞受賞作家 葉室麟さんをお迎えして、当館研究員が展示作品をご紹介しながら、
日本美術の楽しみ方について語ります。

【日 時】2016年1月17日(日) 13:30?15:30
【会 場】平成知新館 講堂
【定 員】200名
【料 金】聴講無料(ただし、当日の観覧券等が必要)
【参加方法】当日12時より、平成知新館1階にて整理券を配布し、定員になり次第、
        配布を終了いたします。



+‥‥‥ 京都・らくご博物館【冬】 ?新春寄席? Vol.40 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

チケットのお求めは、博物館観覧券売り場、または電話、WEBから予約承り中です。

【日 時】 2016年1月24日(日) 開場 13:00/開演 13:30
【会 場】 京都国立博物館 平成知新館 講堂
【料 金】 3,100円 (税込・全席指定・平成知新館名品ギャラリー観覧券付き)
       (キャンパスメンバーズは、2,500円)

チケットのお求めなど詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/rak/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 土曜講座 ━━━━

毎週土曜日の午後、展覧会や展示品に関連した講座を行っております。

○1月9日(土)
京都国立博物館土曜講座1800回記念 「冷泉家の年中行事」
冷泉 為人 氏 (公益財団法人 冷泉家時雨亭文庫理事長)

○1月16日(土)
刀剣を楽しむ ?名物刀を中心に?
末兼 俊彦 (京都国立博物館研究員)


【時 間】13:30?15:00
【定 員】200名
【聴講料】無料 (ただし、本特別展覧会の観覧券等が必要)
【会 場】平成知新館 講堂

講演当日、12時より平成知新館1階にて整理券を配布します。
定員になり次第、整理券配布を終了します。
*1月2日(土)は休講です。

今後の土曜講座の予定は、ホームページから
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/sat/



━━━━━━━━━━━━ 京都国立博物館刊行図録 特別販売 ━━━

平成28年新春企画として、当館刊行図録の一部を特別価格にて販売いたします。
是非この機会にお買い求めください。

【販売期間】2016年1月2日(土)?2月21日(日)
【販売場所】平成知新館 1階 ミュージアムショップ便利堂

*店頭のみでの販売となります。お電話でのご注文、お取りおきは受け付けておりません。




━━━━ 部分開館と全館休館のおしらせ ━━━━━

京都国立博物館では、明治古都館の基本計画の検討と、それに伴う埋蔵文化財
発掘調査がおこなわれております。
これらを受けて、当分の間特別展覧会を平成知新館で開催することになり、
特別展覧会開催中ならびに、その前後におきましては、平成知新館名品ギャラリーを
ご観覧いただけません。

また、展示作業等のため以下の通り全館休館及び、部分開館いたします。
ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【全館休館】
2015年11月24日(火)?12月14日(月)
    12月26日(土)?2016年1月1日(金)

【部分開館】
2015年12月15日(火)?12月25日(金)
 1―2階 展示室がご覧いただけます。
 (3階 考古・陶磁展示室は閉室となります。)

2016年3月15日(火)?3月21日(月・祝)
 2階展示室と1階特別展示室・彫刻展示室がご覧いただけます。
 (3階 考古・陶磁展示室、1階 書跡・染織・金工・漆工展示室は閉室となります。)

【庭園・平成知新館グランドロビーなど部分開放】
2016年3月23日(水)?4月10日(日)
庭園・平成知新館グランドロビーなど
料金:260円(庭園ガイド冊子付き)*展示室はご覧いただけません。


==============================================================


このメールは京都国立博物館メールマガジンサービスに登録していただいた
方にお送りしています。

京都国立博物館ホームページへ→ 
http://www.kyohaku.go.jp/

京都国立博物館メールマガジンサービスを解約する場合は→
https://www2.kyohaku.go.jp/regist/mailin.html

このメールマガジンの文章・画像の著作権は独立行政法人国立文化財機構
京都国立博物館に帰属します。
Copyright.Kyoto National Museum,Kyoto,Japan.

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ