京都国立博物館 メールマガジン 第107号  2015年3月4日

================================================================

 ╋╋・‥… メルマガ会員特典 京都国立博物館だより PLUS …‥・╋╋

7年ぶりに復活した、特集陳列「雛まつりと人形」をより楽しむためのアレコレを
ご紹介。

京都国立博物館だより PLUS Vol.19
※※メールマガジン会員のみ購読可能※※

================================================================


━━━━━━━━━━━━━━━ 平成知新館 名品ギャラリー ━━━

+‥‥ [特別展観] 天野山金剛寺の名宝 ‥‥+

2015年3月4日(水) ? 3月29日(日)
会場:平成知新館 彫刻展示室、書跡展示室、金工展示室、

大阪 河内地方の文化財の宝庫である天野山金剛寺に伝わる、絵画・典籍・甲冑類などの
優品と、近年の調査によって見出された国文学・漢文学関係の重要な資料など名宝の
数々をご紹介いたします。


◇◆◇ 主な出陳品 ◇◆◇

◆国宝 剣 附 黒漆金銅三鈷柄宝剣拵 1口 大阪・金剛寺蔵

◆国宝 延喜式 巻第十二、第十四、第十六 3巻 大阪・金剛寺蔵

◆重文 日月山水図屏風 6曲1双 大阪・金剛寺蔵


詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_3/syoseki_20150304.html



+‥‥ [特集陳列] 雛まつりと人形 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

2015年2月21日(土) ? 4月7日(火)
会場:平成知新館 特別展示室

雛人形には、時代の元号を冠して呼ばれる寛永雛・享保雛や、考案した人形師の
名を付けたという次郎左衛門雛、江戸で誕生した古今雛、公家の装束を正しく写した
有職雛などがあります。
この展示では、各種の雛人形が勢ぞろいし、雛人形の変遷がご覧いただけます。

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_1/hina2015.html



◆◇◆◇ 名品ギャラリー【陶磁展示室】一時閉室のお知らせ ◆◇◆◇

平成知新館 名品ギャラリー 【陶磁展示室】は、調整のため下記の期間閉室いたします。
2015年3月9日(月)?3月16日(月)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ イベントのご案内 ━━━

+‥‥‥ 櫻花情緒(はなのこころ) ?親子中国琵琶と古箏の共演? ‥‥‥‥‥+

華やかな春の曲を、親子中国琵琶と古箏のアンサンブルでお楽しみください。

【日 時】 2015年3月29日(日) 14:00開演(13:30開場)
【会 場】 平成知新館 講堂
【料 金】 税込3,000円(全席指定)
       ※コンサート当日に限り、本料金で平成知新館名品ギャラリーもご覧いただけま

す。
【出 演】 葉衛陽(ヨウ エイヨウ) 、さくら 【中国琵琶】
       伍 芳(ウー・ファン) 【中国古箏】

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/concert/20150329_hana.html



+‥‥‥ 京都・らくご博物館【春】 ?新緑寄席? Vol.37 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

チケットのお求めは、博物館観覧券売り場、または電話、WEBから予約承り中です。

【日 時】 2015年5月1日(金) 開場 18:00/開演 18:30
【会 場】 京都国立博物館 平成知新館 講堂
【料 金】 3,100円 (税込・全席指定・名品ギャラリー観覧券付)

チケットのお求めなど詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/rak/vol37.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 土曜講座 ━━━

土曜日の午後から、展覧会や展示作品に関連した講座を行っています。

○3月7日(土)
「近世の障壁画 ?「場」を飾るということ?」
福士 雄也 (京都国立博物館 研究員)

○3月14日(土)
特別展観「天野山金剛寺の名宝」関連講座
「金剛寺学術調査の成果について」
赤尾 栄慶 (京都国立博物館 上席研究員)

【時 間】13:30?15:00
【定 員】200名
【聴講料】無料 (ただし、観覧券等が必要)
【会 場】平成知新館 講堂

講演当日、12時より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します。
定員になり次第、整理券配布を終了いたします。

今後の土曜講座の予定は、ホームページから→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/sat/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ シアターのご案内 ━━━

平成知新館 講堂では、ハイビジョンの4倍にあたる超高精細4K映像を、
350インチの大画面でご覧いただくことができます。

【上映スケジュール】
◆火曜日、木曜日、日曜日 各日3回 13:00?/14:00?/15:00?
「国宝 釈迦金棺出現図 ─奇跡の瞬間 驚愕と歓喜─」


◆水曜日、金曜日 各日3回 13:00?/14:00?/15:00?
「京のきもの ─みやこびとが育んだ美と技─」

*毎土曜日は土曜講座開催のため、休映いたします。
*他のイベントの開催日には、休映いたします。ご了承ください。

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/mov/feb_2015.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 博物館Dictionary No.176 ━━━

子ども向け解説シート「博物館Dictionary No.176」

今回の博物館Dictionaryは、古墳時代の銅鏡のお話です。

博物館Dictionary No.176 PDF版→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/dictio/pdf/dic_176.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ これからの展覧会 ━━━

+‥‥ [特別展覧会] 桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち ‥‥‥‥‥‥+

2015年は大坂の陣からちょうど400年にあたります。豊臣から徳川へと天下の趨勢が
一変したこの出来事の前後、武士はもとより、絵師もまた熾烈極まる生き残りをかけた
戦略を繰り広げました。
本展覧会は、永徳没後、「豪壮」から「華麗」へ、さらに新たな為政者・徳川家に対応すべく、
「瀟洒淡麗」へと画風を変えていく一大転換の過程を、永徳の後継者たちの作品を
一堂にして辿るものです。
また、この「桃山後期」に焦点をあてた狩野派の展覧会としては、過去最大規模となる、
国宝1件、重要文化財23件、重要美術品1件、初公開作品3件を含む69件を出品し、
百花繚乱のごとくその才能を花開かせた狩野派絵師たちの競演と戦いの歴史をご紹介しま

す。

2015年4月7日(火)?5月17日(日)
会場:明治古都館

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/



+‥‥ [特集陳列]  葵祭の美術―千年の伝統― ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

2015年4月21日(火) ? 5月31日(日)
会場:平成知新館 特別展示室

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_1/f1_1_korekara/aoi_2015.html



+‥‥ [特集陳列] 日本の仮面 人と神仏、鬼の多彩な表情 ‥‥‥‥‥‥+

2015年6月9日(火) ? 7月20日(月)
会場:平成知新館 特別展示室

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_1/f1_1_korekara/kamen_2015.html



+‥‥ [特別展観]  第100回大蔵会記念 仏法東漸―仏教の典籍と美術─ ‥+

2015年7月29日(水) ?9月 6日(日)
会場:平成知新館 特別展示室

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_1/f1_1_korekara/daizoue_2015.html



+‥‥ [特別展覧会] 琳派 京を彩る ‥‥+

琳派とは、江戸時代に現れた装飾的な作風を特色とする、俵屋宗達、尾形光琳・乾山、
酒井抱一といった芸術家の一群をゆるやかにつなぐ言葉です。その源は、京都洛北の
鷹峯に住し、書をはじめ様々な芸術に関与した本阿弥光悦へと遡ります。本展は、
光悦が徳川家康から鷹峯の地を拝領して400年となることを記念し、琳派誕生の地である
京都において初めて開催される本格的な琳派展です。琳派の名作を一堂に集め、その
都ぶりな美意識、日本的と評される特質をご堪能いただくとともに、琳派の系譜をご紹介
します。

2015年10月10日(土)?11月23日(月・祝)



◆◇◆◇ 携帯サイト閉鎖のお知らせ ◆◇◆◇

当館携帯サイトは、2015年3月末日をもちまして閉鎖することとなりました。
サイト開設以来、多くの皆さまにご利用いただき、誠にありがとうございました。



==============================================================


このメールは京都国立博物館メールマガジンサービスに登録していただいた
方にお送りしています。

京都国立博物館ホームページへ→ 
http://www.kyohaku.go.jp/

携帯電話・PHS・PDAからご覧になる方はこちら→
http://www.kyohaku.go.jp/i/

京都国立博物館メールマガジンサービスを解約する場合は→
https://www2.kyohaku.go.jp/regist/mailin.html

このメールマガジンの文章・画像の著作権は独立行政法人国立文化財機構
京都国立博物館に帰属します。
Copyright.Kyoto National Museum,Kyoto,Japan.

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ