京都国立博物館 メールマガジン 第102号  2014年10月15日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━開催中の展覧会━━

本日、10月15日から「京(みやこ)へのいざない」は、第2期の展示がはじまりました。
1階【金工】展示室では、刀 無銘(名物島津正宗)(当館)を展示中です。


+‥‥ 平成知新館オープン記念展 京(みやこ)へのいざない  ‥‥‥‥+

2014年9月13日(土)?11月16日(日)
会場:平成知新館

「京(みやこ)へのいざない」
http://www.kyohaku.go.jp/jp/project/miyako.html

【金工】展示室
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_5/kinko_20141015.html

展覧会ちらしPDF
http://www.kyohaku.go.jp/jp/project/pdf/2014_autumn_izanai_tirashi_lock.pdf



+‥‥ [特別展覧会] 修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺 ‥‥+

2014年10月7日(火)?11月24日(月・祝)
会場:明治古都館

絵巻の中でも最もよく親しまれ、世界的にも知られる国宝「鳥獣人物戯画」(高山寺蔵)。
この展覧会では、朝日新聞文化財団の助成による修理が完成したことを記念して、
甲巻から丁巻までの4巻すべてを公開します。
あわせて、高山寺中興の僧・明恵(1173?1232)に関わる資料や、国宝「華厳宗祖師絵伝
(華厳縁起)」(高山寺蔵)などの名宝の数々をご紹介します。

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/


◆特別展覧会「国宝 鳥獣戯画と高山寺」は、京都ミュージアムズ・フォーの相互割引を
行っています。詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_16.html




◆◇11月24日(月・祝)までの開館時間と休館日◇◆

開館時間:9:30?18:00 (金曜日のみ ?20:00)
*いずれも入館は閉館の30分前まで

休館日:月曜日(ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日は休館)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━展覧会関連講座のご案内━━


+‥‥‥ 「国宝 鳥獣戯画と高山寺」関連土曜講座 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

土曜日の午後から、展覧会や展示作品に関連した講座を行っています。


○10月18日(土)
「高山寺の仏画」
大原 嘉豊 (京都国立博物館主任研究員)

○10月25日(土)
「鳥獣戯画の愉しさ?後世の画家に及ぼした影響?」
狩野 博幸氏 (同志社大学教授)


【時 間】13:30?15:00
【定 員】200名
【聴講料】無料 (ただし、観覧券が必要)
【会 場】平成知新館 講堂

講演当日、午後12時より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します。
定員になり次第、整理券配布を終了いたします。


11月以降の土曜講座の予定は、ホームページから→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/sat/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━イベントのご案内━━


+‥‥‥ 京都・らくご博物館【秋】 米朝アンドロイド落語会 ‥‥‥‥‥+

落語のみならず、2日は4Dクリエイター 遠藤慎也氏、3日はロボット工学者の
石黒浩氏のトークショーがお楽しみいただけます。
チケット好評販売中です。

【日 時】2014年11月2日(日)、3日(月・祝)
     両日とも12:30?、15:00?の2回公演
【会 場】京都国立博物館 平成知新館 講堂
【料 金】2,500円 (税込・全席指定・平成知新館名品ギャラリー観覧券付)

◇11月2日(日)の出演
桂團治郎、桂宗助、桂米團治、米朝アンドロイド、遠藤信也(4Dクリエイター)

◇11月3日(月・祝)の出演
桂米輝、桂米左、桂米團治、米朝アンドロイド、石黒浩(ロボット工学者)

チケットのお求めなど詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/rak/




+‥‥‥ 留学生の日 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

当館では、留学生の方々に日本文化への理解を深めていただくため、
「留学生の日」を設けています。
留学生の方は、学生証の提示で、 「京(みやこ)へのいざない」が無料で、
特別展覧会「国宝 鳥獣戯画と高山寺」を団体割引料金でご観覧いただけますので、
留学生の方は、この機会にぜひご来館ください。

【日 時】11月7日(金) 9:30?19:30 (閉館は20時です)
     入館の際に学生証をご提示ください。

詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_13.html



+‥‥‥ 秋の夜間クラシックコンサート ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

閉館後の平成知新館でクラシックコンサートを開催!

【出 演】山上華子(ピアノ) レイ・イワズミ(ヴァイオリン)
【日 時】2014年11月8日(土) 開演:19:00 (開場:18:30)
【会 場】平成知新館 グランドロビー
【料 金】3,000円 (平成知新館名品ギャラリー観覧券付/全席自由席)


チケットのお求めなど詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/concert/20141108_concer.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━シアターのご案内━━

特別展覧会「国宝 鳥獣戯画と高山寺」開催期間中、平成知新館 講堂では、
高山寺所蔵の国宝「鳥獣人物戯画」全4巻を、場面ごとにご紹介するハイビジョン
映像を上映しています。


◆「鳥獣人物戯画  墨一色で描き出された動物と人の姿」
【上映スケジュール】 日曜日、火?金曜日に1日3回上映 13:00?/14:00?/15:00?

*毎土曜日は土曜講座開催のため、上映はありません。
*他のイベントの開催日には、上映いたしませんのでご了承ください。


詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/mov/oct_2014.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━博物館Dictionary No.172━━

子ども向け解説シート「博物館Dictionary No.172」

藍を入れてすいた紙に書かれた「万葉集」、「国宝 万葉集巻第九残巻
〈藍紙本〉」のお話です。 (*この作品の展示は終了しています)

博物館Dictionary No.172 PDF版→
http://www.kyohaku.go.jp/jp/dictio/pdf/dic_172.pdf



◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆



+‥‥‥ カフェ・レストラン・ミュージアムショップ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

〓博物館南門 (観覧券なしでご利用いただけます)〓 

◆カフェ からふね屋
明治古都館を眺めながら、喫茶・軽食をお楽しみください。

◆ミュージアムショップ 京都便利堂
当館の名品をあしらったステーショナリーや、過去の展覧会図録や専門書など
数多くのミュージアムグッズを取りそろえています。


〓平成知新館内 (観覧券が必要です)〓

◆The Muses(ザ・ミューゼス)
ハイアットリージェンシーの味をお楽しみください。

◆ミュージアムショップ 京都便利堂(平成知新館内ショップ)
「祇園祭礼図屏風」をあしらったトートバッグなど、平成知新館内ショップ限定品も
ご用意しています。



詳しくは、
http://www.kyohaku.go.jp/jp/riyou/shop/index.html



◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━今後の展覧会━━━━

+‥‥ 2014年度 年間スケジュール  ‥‥+

http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/korekara/pdf/H26schedule.pdf



+‥‥ [特別展観] 山陰の古刹・島根鰐淵寺の名宝 ‥‥+

2015年1月2日(金)?2月15日(日)
会場:平成知新館 特別展示室

山陰を代表する古刹のひとつ鰐淵寺は、推古天皇の時代に智春上人に
よって開かれたと伝えられ、比叡山との関係が深まるとともに天台寺院
となります。平安時代には後白河法皇の『梁塵秘抄』にも聖の住む所として
「出雲の鰐淵や日の御碕」とうたわれ、全国的にも有名な聖地でした。
その鰐淵寺が平成27年に33年ぶりにおこなう本尊ご開帳を記念して、
同寺所蔵の名宝より、仏像、仏具、古文書などを厳選して特別に展示いたします。



+‥‥ [特集陳列] 雛まつりと人形 ‥‥+

2015年2月21日(土)?4月7日(火)
会場:平成知新館 特別展示室

華やかな雛飾りを中心に、御所人形や賀茂人形など、さまざまな京人形を展示します。



+‥‥ [特別展覧会] 桃山時代の狩野派 ?永徳の後継者たち? ‥‥+

2015年4月7日(火)?5月17日(日)
会場:明治古都館

展覧会ちらしPDF
http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/pdf/2015_kano-ha.pdf


==============================================================

このメールは京都国立博物館メールマガジンサービスに登録していただいた
方にお送りしています。

詳細な情報をお求めの方は京都国立博物館ホームページへ→ 
http://www.kyohaku.go.jp/

携帯電話・PHS・PDAからご覧になる方はこちら→
http://www.kyohaku.go.jp/i/

京都国立博物館メールマガジンサービスを解約する場合は→
https://www2.kyohaku.go.jp/regist/mailin.html

このメールマガジンの文章・画像の著作権は独立行政法人国立文化財機構
京都国立博物館に帰属します。
Copyright.Kyoto National Museum,Kyoto,Japan.

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ